芸術・アート
フェルメールの「窓辺で手紙を読む女」に隠された絵が公開(出典:Wikipedia

フェルメールの「窓辺で手紙を読む女」の背景の壁に隠されたもう一つの絵を発見、修復完了する

「窓辺で手紙を読む女」は、オランダの画家ヨハネス・フェルメールが1657年から1659年に描いたとされる絵画だ。ドレスデンのアルテ・マイスター絵画館が所蔵している。

の作品は長い間、描いた画家が特定されず、当初はレンブラントやピーテル・デ・ホーホの作品ではないかと推測されていたが、1880年になってからフェルメールの作品であると特定。

修復前の「窓辺で手紙を読む女」。上記は複製画で購入も可能だ。

第二次世界大戦後、一時的ではあるがソ連が接収していた。そんな「窓辺で手紙を読む女」の背景には何もない壁が描かれていた。

この壁に隠されたもう一つの絵が見つかったのが1979年。マイスター絵画館がX線で「窓辺で手紙を読む女」を調査して判明した。

スポンサーリンク

キューピッドの絵が隠されていた

X線では何もないように見える壁の裏側にキューピッドの絵が隠されているのが分かった。

何者かによって上から壁の絵で塗り潰されていたのだ。

「窓辺で手紙を読む女」を最新技術で調査する(出典:Gemäldegalerie Alte Meister

発見当初はフェルメールが自身で構図変更のため塗りつぶしたと考えられていたが、保存修復師が、赤外線反射撮影、顕微鏡分析、蛍光X線検査などの最新技術を駆使してこの絵を調査した結果、この塗りつぶしは少なくともフェルメールの死後数十年経ってから足された事が分かり、絵を完全なものにすべく修復プロジェクトが立ち上がった。

マイスター絵画館を管理するステファン・コジャ館長は、今回の修復する事でオランダ黄金時代(Wikipedia)の絵画のテーマに大きな影響を与えると発表した。

調査結果を顧みて2017年に絵を非公開にし、修復プロジェクトが始められた。4年を経てその修復作業が完了、2021年秋に一般公開となる。

スポンサーリンク

隠されていた「絵の中のキューピッドの絵」

修復され、キューピッドの絵が出現した「窓辺で手紙を読む女」。(出典:Artnet|写真:Wolfgang Kreische|© Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden )


「窓辺で手紙を読む女」にはキューピッドの絵が隠されているのがX線で分かった。

フェルメールの「ヴァージナルの前に立つ女」(出典:Wikipedia


これは同じくフェルメールの作品である「ヴァージナルの前に立つ女」と非常によく似た構図で、キューピッドの絵が描かれている。

また、はっきりとは見えないが「中断された音楽の稽古」にも同様にキューピッドらしき絵が飾られている。

この双方の絵に描かれているキューピッドの絵はタッチは異なるものの、構図は非常に似ており、弓を右手に手に持ち、左手は挙げられている。良く見れば、窓の形も非常に似ている。

スポンサーリンク

一般公開は2021年9月10日、日本での公開は2022年1月

修復された真の「窓辺で手紙を読む女」は、9月10日から開催される展覧会「Johannes Vermeer: On Reflection(ヨハネスフェルメール:反射について)」展のハイライトとなる

「窓辺で手紙を読む女」以外にも前述した「ヴァージナルの前に立つ女」も合わせての展示となる。

コロナ禍で日本から見に行くのは難しいかもしれないが、この修復作業は日本の財団からも支援金が出されており、2022年1月22日(土)〜4月3日(日)に東京都美術館の展覧会で公開される予定で、更にその後で北海道、大阪、宮城と巡回する。

日本の展覧会、「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」の詳細は以下で確認出来る。

ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展
フェルメール《窓辺で手紙を読む女》を修復後、所蔵館以外で世界初公開。隠されていたキューピッドの画中画が姿を現した本作を、所蔵館でのお披露目に次いで公開します。
スポンサーリンク

参考文献

芸術・アート
この記事を共有
購読する
Amet

旅行が趣味の団塊ジュニア世代。旅先で歴史を学んだり遺跡を見学したりその土地の食べ物を楽しむ事をライフワークにしています。本業はテクノロジー/マーケティング関係で情報収集と分析が専門です。

購読する
地球ヤバイ!